指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)顎変形症医療機関 l 三重県四日市市の矯正歯科専門診療所です

お知らせ

2017-09-02 拡大装置について [豆知識]

歯列の幅が狭く、並ぶ場所が足りないとき、広げるために使用します。
拡大装置のうち、緩徐(かんじょ)拡大装置は弱い力で歯を徐々に外側へ傾斜させて広げます。

☆しくみ☆
臼歯に固定する金属のバンドと、口蓋(こうがい)部に位置する太いワイヤーからできています。
ワイヤーを丸くコイルのように曲げた部分の弾力が歯列に弱い力を与えて押し広げる作りです。
固定式で自分では外せません。
上顎はクワドヘリックス(QH)下顎はバイヘリックス(BH)といいます。

☆装着感☆
装着期間は個人差がありますが、6ヶ月〜1年程度です。
装着して3日ほどは歯が動くことによる痛みがあります。
装着後一週間くらいは違和感があります。
口に中に太めのワイヤーが通っているため、食事がしにくかったり食べ物が挟まりやすかったり、話しにくいことがあります。

☆注意すること☆
・硬いもの(せんべいなど)や、くっつきやすいもの(キャラメル、ガムなど)を噛むとバンドが外れることがあります。
・バンドの周りに汚れがたまりやすくなるので、歯磨きがとても重要です。小さいお子様には時々仕上げ磨きをしてください。
・気にして指や舌で触らないでください。
・装着後、調整後にお痛みが強いときはご連絡ください。
・装置が壊れたり、外れたり、歯肉、舌が痛いときはご連絡ください。


担当 歯科衛生士:藤山  歯科助手:伊藤


l


ページトップ