指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)顎変形症医療機関 l 三重県四日市市の矯正歯科専門診療所です

お知らせ

2016-04-01 4月 顎関節症について [豆知識]

顎関節症になると、顎の関節や顎を動かす時に使用する
「咀嚼筋」という筋肉に異常が起こり、
『アゴが痛い』、『お口が開きにくい』、
『お口を開くと音がする』などといった症状が現れます。
顎関節症は、1〜2週間で治すことは難しいですが、
アゴに負担をかけず、安静を保っていれば数ヶ月から
半年で9割の人は治ると言われています。
無理せず、顎関節症と付き合っていくことが大切です!


〜顎関節症になりやすい人〜
・日中、睡眠時に食いしばりがある(歯ぎしりも同様)
・食事の時に片側だけ噛む癖がある
・ストレスを感じることが多い

〜顎関節症の治療法は?〜
・できるだけアゴを安静に保つ
・片側だけで食べる癖をやめる
・大きいお口を開けないようにする
・ナイトガードの作成 …など


顎関節症を発症しないようにするためには、
とにかく安静が必要です!なにかわからないことなど
ありましたらお気軽にスタッフにお尋ねください☆

担当 歯科衛生士 渡辺  歯科助手 川出





2016-03-01 3月 歯を矯正するとどんないい事があるの? [豆知識]

歯を矯正することは、審美性がよくなるだけでなく、
他にもいいことがたくさんあります!

@顔、口元がキレイになる
 ・横顔がすっきりします
 ・自信が持てる 
 ・大きな口で笑える
 ・社交的、積極的になる    など

A発音がよくなる

Bむし歯・歯周病の予防につながる
 ・歯磨きがしやすくなります

C噛み合わせがよくなり、しっかり噛める
 ・脳の発達
 ・アゴの発達

D顎関節症の軽減・予防
 噛み合わせがよくなるので、顎関節症が軽減されます
 (必ずしも全員ではありませんが…)

E姿勢の改善
 頭痛、肩こり、腰痛の改善などにつながります

上記以外にも、矯正を行うとたくさんのメリットがあります。
歯は一生自分が使っていくものですから、1本1本大事に
していきたいですよね。今後も快適な生活を送るために
歯はとても大事なものですので、『歯並びが気になる』
『噛み合わせが合わない』…などご相談にのりますので、
一度医院までお問い合わせください(^ ^)

なお、当院で矯正されている方も、分からないこと、
気になること等ございましたら、お気軽にスタッフに
お尋ねくださいね!

担当 歯科衛生士 藤山  歯科助手 伊藤



2016-02-01 2月 むし歯ってどうやってできるの? [豆知識]

みなさんは、『むし歯』はどうやって
できるのかご存知ですか?

むし歯ができる4つの条件として、
・むし歯になりやすい『歯質』
・細菌のエサとなる『糖分』
・酸をつくる『細菌』
・『時間』の経過      があります。

普段、私たちが食事をした後のお口の中というのは、

@細菌が糖分をエサにして、酸をつくり出します。
 歯は、その酸にさらされている状態になります。

Aその細菌が作り出した酸によって、歯の成分である
 P(リン)、Ca(カルシウム)が溶け出します。
 この現象を“脱灰”といいます。

Bしかし、お口の中には唾液(つば)があります。この
 唾液の力により、溶け出した成分を元の状態に戻そうと
 します。この現象を、“再石灰化”といいます。

こうして歯というのは毎回、脱灰と再石灰化を繰り返しています。
しかし、ダラダラ食事をしていたり、歯みがきをせずに
過ごしていると、脱灰と再石灰化のバランスが崩れ、
『むし歯』になっていくのです。


当院では、ブラッシング指導・フッ素塗布など、
予防的処置も行っていますので、ご希望の方は
お気軽にスタッフまでお声がけください。





担当 歯科衛生士学校 実習生


2016-01-01 1月 あいうべ体操 [豆知識]

みなさんは『あいうべ体操』をご存知ですか?
あいうべ体操とは、お口の体操で、免疫力を
高める体操とも言われています。
この時期に流行するインフルエンザや風邪、
いびき、口臭、むし歯にも効果があるとされています。
あいうべ体操を行うことで、舌の位置が改善され、
自然にお鼻で呼吸ができるようになります。

あいうべ体操のやり方☆
@『あー』と口を大きく開く
A『いー』と口を大きく横に広げる
B『うー』と口を強く前に突き出す
C『べー』と舌を突き出して下に伸ばす
@〜Cを1セットとし、1日30セット行う。

※顎関節症のかた、大きく口を開けると痛みが出る方は
 無理をせずにできる範囲で行ってください!

お子様でも簡単にできますので、ぜひやってみてくださいね☆

担当 歯科衛生士 飯田・大屋






2015-12-01 12月 キシリトールとリカルデント [豆知識]

みなさんは『キシリトール』や『リカルデント』という
言葉を普段耳にしたことがあると思います。
キシリトールとリカルデントの違いはご存知ですか?

キシリトールとは…白樺や樫の木などから造られる
         天然素材の甘味料。砂糖と同等くらいの
         甘みがあります。むし歯の原因となる
         ”酸”を作りません。

リカルデントとは…牛乳に含まれる成分から造られる
         無味・無臭の天然由来の成分です。
         再石灰化を促し、初期のむし歯
         などを修復してくれる作用があります。

市販のキシリトールガムやタブレットを選ぶ場合、
以下の3点に気をつけて購入されることをお勧めします。

@キシリトール含有率が50%以上であること。
 キシリトールと書いてあるから何でもいいということでは
 ありません。むし歯予防効果を得るためには、キシリトールが
 50%以上含まれていることが必要です。
 (キシリトール●●g÷炭水化物●●g×100=キシリトール含有量)

Aシュガーレス(糖分0)であること
 キシリトールが配合されていても、砂糖が入っていては
 意味がありません。

B酸生物を含まないこと
 柑橘類などの香料(クエン酸など)が含まれると、酸を
 産生する可能性がありますので注意が必要です。


キシリトールやリカルデントの違いを理解して正しい
ガムやタブレットの選択をしてくださいね( ^ ^ )

なお、むし歯にならないためには、普段からのブラッシングが
1番大切です!キシリトールやリカルデントの食品は、
あくまで『補助』として使用していただくことをお勧めします。





担当 歯科衛生士 小川・矢田

2015-11-01 11月 乳歯の特徴と抜歯 [豆知識]

『乳歯』の生え始めは生後3〜9ヶ月くらいです。
乳歯は全部で20本あり、生後3歳くらいまでにそろいます。
(生え方には個人差があります)

〜乳歯の特徴〜
・『永久歯』とよばれる大人の歯に比べて歯が柔らかい
・乳幼児は自分で上手に歯磨きができないため、
 むし歯ができやすい

〜乳歯を抜くときはいつ?〜
1.ひどいむし歯の時
 次に生えてくる永久歯に影響します

2.乳歯のワキから永久歯が生えてきた時
 後から生える永久歯の位置に影響し、歯並びがガタガタに
 なる可能性があります

3.乳歯がなかなか抜け落ちない時
 乳歯の根っこが残っていたり、なかなか抜けない時は
 後から生える永久歯が生えてくるのに影響します

乳歯が抜ける時期や抜いたほうがいい乳歯についての
ご質問を受け付けておりますので、お気軽に
スタッフにお尋ねくださいね(^^)!



担当 歯科衛生士 渡辺  歯科助手 川出

2015-10-01 10月 『仕上げ磨き』を習慣に! [豆知識]

日本では約90%のご家庭で『仕上げ磨き』が
実施されています。
しかし、仕上げ磨きはどのように行えばよいのか
分からないとお悩みのお父様、お母様もたくさん
いらっしゃると思います。今回は磨き残しが多い
部位を中心に取り上げました。

お子様だけでの歯磨きでは、汚れの除去は難しいです。
必ずお子様が歯磨きされた後、仕上げ磨きをしてあげて下さい。
お口の中に固定式の矯正装置が入っているかたは
その装置の周りもしっかり磨いてあげてくださいね。

当院ではお子様の歯磨きの指導はもちろん、
お父様、お母様の仕上げ磨きについてもご指導させていただきますので
分からないことがあればお気軽にスタッフまでどうぞ☆(^_^)





担当 歯科衛生士 藤山・新貝  歯科助手 伊藤

2015-09-01 9月 お口の周りの筋肉に注目しよう! [豆知識]

みなさんのお口の中には、さまざまな『圧力』が
かかっていることをご存知ですか?

歯は口の中で唇、舌、頬から圧力を受け、
そのバランスの中で一定の位置を保っています。
その中の力のバランスが崩れてしまうと、
歯は動いてしまうのです。

普段から頬ずえをつく癖があったり、唇を噛む癖、
爪を噛む癖…などがあるとバランスが崩れてしまいやすいです。
その大事なバランスが崩れないように、
当院ではMFTに力を入れています!

詳しくはスタッフまでお尋ねくださいね☆



担当 歯科衛生士 飯田・大屋

2015-08-01 8月 口呼吸していませんか? [豆知識]

みなさんは普段、お口をぽかーんと
開いた状態になっていませんか?
常にお口を開いている方は『口呼吸』をしています。


☆口が渇く(ドライマウス)…口を絶えず開けているために
              唾液が蒸発し、口が乾燥する

☆ムシ歯や歯周病…唾液の殺菌・抗菌・清浄作用が低下し、
         ムシ歯ができたり、歯周病になりやすくなる

☆口臭…お口の中が炎症を起こし、口が臭う   等…

このように、口呼吸をしていることで
さまざまな健康被害があると言われています。
この『口呼吸』を改善するために、“MFT(筋機能療法)”と
いうものがあります!当院でも導入されている改善法であり、
豆知識のほうでも取り上げがありますので、知っていらっしゃる
方もたくさんみえると思いますが…MFTはとても簡単な
トレーニングです!低年齢の方でもできますので、
詳しくはスタッフにお尋ねくださいね☆

担当  歯科衛生士 小川・矢田




2015-07-01 7月 顎間ゴムについて [豆知識]

みなさんは『顎間ゴム』というのをご存知ですか?

顎間ゴムは取り外しのできる小さな輪ゴムみたいな
装置で、上顎と下顎の間にかけるので『顎間ゴム』と
いいます。この顎間ゴムを使用して歯を移動させたり、
噛み合わせを緊密にしていきます。

顎間ゴムを使用するのは、マルチブラケット装置と
よばれる歯を並べるための装置をつけてから
中盤〜終盤にかけて使用する事が多いです。

顎間ゴムは取り外しのできる装置ですので、
使用しなければ効果は出ません。治療のスピードや
仕上がりにも影響してきますので、大変ですが
根気よく使用することが大切です!

詳しくはスタッフにお尋ねください☆

担当 歯科衛生士 渡辺  歯科助手 川出



<<BACK l NEXT>>


ページトップ