指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)顎変形症医療機関 l 三重県四日市市の矯正歯科専門診療所です

お知らせ

2019-03-01 唾液の働き [豆知識]

最近、口の中が乾燥している気がする、虫歯が急に増えた、食事をするときにお口の中がパサついて食べにくい、唇が前歯に張り付いて話しにくい、、、などと唾液の量が減っているように感じていませんか?

普段は意識することの少ない唾液にはこんな働きがあります。
@お口の中が潤っているおかげで、噛んだり話しやすくなる。
A食べ物を湿らせて、噛みやすく飲み込みやすくしてくれる。
B食べ物の味物質を溶かして、味を感じやすくするようにして、美味しく食べられる。
C食べかすを洗い流す、お口の中に残りにくくしてくれる。
D唾液の中の抗菌物質が、菌の活動を抑え、酸とアルカリを中和し初期虫歯を再石灰化で修復してくれる。

唾液の分泌が減ると、唾液の大切な役割が充分に機能していないということになります。
そこで、唾液の分泌を促すちょっとした工夫を紹介します。
@よく噛んで食べる。
A水分をこまめに取る。
B口呼吸をやめ、鼻で呼吸するよう心がける。
Cじっくり歯磨きをして、唾液の分泌腺を刺激する。
Dコーヒー、紅茶などカフェインを摂りすぎない。
Eタバコ、お酒を控える。
F就寝時にマスクをつける。
すぐに実践できることばかりですので、是非お試しください!


2018-12-04 知覚過敏 [豆知識]

<なぜしみるの?>
歯の最表層にあるエナメル質は削っても痛みを感じません。
しかしその内側の象牙質は、外部からの刺激を歯髄(歯の神経)に伝えてしまうため、瞬間的に痛みを感じてしまいます。
通常、象牙質はエナメル質に覆われているため、痛みを感じることはありません。

<原因と予防法>
☆エナメル質の磨耗
・就寝時にマウスピースを使用する。
・磨く時間を長くしすぎない。

☆歯茎の後退(歯周病、強く磨きすぎ)
・適切な歯磨きを心がける。
・優しく磨く、軟毛ブラシに変える。

☆その他(矯正、ホワイトニング)
・治療により一時的に起こる場合があります。どちらも治療が終了すれば無くなります。

<治療法>
☆再石灰化
・知覚過敏用の歯磨き粉をつかう。
☆象牙質の露出部を被覆する。
・レジンで覆い、刺激を与えないようにする。


2018-09-11 フッ化物洗口Q&A [豆知識]

Q1.フッ化物にはなぜむし歯予防効果があるのですか?
@初期の虫歯を修復する(再石灰化促進)
A虫歯原因菌の産産生を抑制する
B歯を強くする(耐酸性増強)という三つの作用があります。

Q2.フッ化物洗口は何歳頃から始めて、いつまで続ければいいでしょうか?
A.上手にうがいするようになる4歳頃から開始し、第二大臼歯の萌出完了である中学三年生まで継続することが望ましいです。
特に就寝前や乳歯と永久歯の交換期となる小学生の時期は十分な予防効果が期待できます。また、高齢期にも効果があるようです。

Q3.フッ化物は健康に影響はありますか?飲み込んで大丈夫?
A.正しく量と回数が守られていれば健康に影響はありません。
フッ化物洗口液は、一回分の量を飲み込んでも大丈夫です。まれに便がゆるくなることもありますが、気分が悪い時は牛乳を飲んで様子をみてください。

Q4.フッ化物洗口でアレルギーを起こすことはありますか?
A.フッ化物洗口でアレルギーを起こしたり、悪化することはありません。

Q5.フッ素入り歯磨き粉を使っていて、歯科医院でフッ素塗布を受けて、更にフッ素洗口した場合でも、フッ素の取りすぎの心配はありませんか?
A.取りすぎの心配はありません。虫歯予防効果をより一層高めることになります。
フッ素洗口のフッ化物イオン濃度(250ppm)は、フッ素塗布(9000ppm)の約40分の1です。

担当 歯科衛生士:藤山.石田  歯科助手:伊藤


2018-07-07 歯間ブラシについて [豆知識]



担当 歯科衛生士:千種   歯科助手:川出

2018-05-10 デンタルフロスについて [豆知識]

歯ブラシだけではお口の汚れの半分程度しか除去できないといわれています。
そんな時にはデンタルフロスなどの補助的清掃用具がオススメです!

☆デンタルフロスとは?
ナイロンの糸を束ねたもので、歯と歯の隙間が狭い部分に適しています。
基本的に使い捨てです。

☆デンタルフロスの形
・ホルダー型:操作しやすいので初心者さんにオススメです。
・糸巻き型:使い慣れた人にオススメです。
↓糸の種類を選べます↓
・ワックスタイプ:ロウで糸をコーティングしたもの。滑りが良いので、詰め物、被せ物が多い人にオススメです。
・ノンワックスタイプ:糸にコーティングがしていない為、繊維に汚れが絡みやすく多くの汚れを落とせます。

☆デンタルフロスの動かし方
1.歯と歯の間にゆっくりのこぎりを引くように通し、歯と歯ぐきの間までフロスを通します。
2.歯の表面に沿わせながら上下に動かします。
3.次の歯に移動する時は使用した部分で清掃します。

当院でもデンタルフロスを販売しております。
使い方が分からない方はお気軽にお尋ねください�( ^ω^ )( ^ω^ )かお

歯科衛生士:伊藤  歯科助手:堤



2018-03-10 歯を修復し、強くする「リカルデント」 [豆知識]

人の口の中には、虫歯菌が口内の糖質を食べて出した酸で歯のエナメル質が溶かされ、歯から「リン」や「カルシウム」などのミネラルが溶け出してしまう「脱灰」と、唾液の作用で脱灰した歯が修復される「再石灰化」が繰り返されています。
このバランスが崩れ、再石灰化が追いつかなくなってしまった状態が「虫歯」です。

虫歯予防効果の配合成分として、「キシリトール」と「リカルデント」などがありますが、効果には違いがあります!

★「リカルデント」CCP-ACP(カゼインホスホペプチド-非結晶性リン酸カルシウム複合体)
牛乳に含まれるタンパク質の一種である「カゼイン」に由来します。
エナメル質がリン酸カルシウムを取り込みやすくすることで「脱灰」を抑え「再石灰化」を促すとともに、再石灰化した歯の酸に対する抵抗力を高める働きがあります。
つまりリカルデントは歯が溶けるのを防ぎ、修復することで虫歯予防に役立ちます。

★「キシリトール」
白樺の木などを加工して作られる天然素材の甘味料です。他の糖と違い、虫歯菌が食べても酸を作ることができず、さらに酸を作ろうとしてエネルギーを消費させることで成長や増殖を抑制することができるため、虫歯菌を減らすのに役立ちます。
つまり、キシリトールは虫歯菌の数を減らし、原因を取り除くことで、虫歯予防します。


2017-10-31 顎関節症 [豆知識]

顎は微妙に入り組んだ形と複雑な機能をもっています。
ここには筋肉と関節と神経が集中し、下の顎を支えています。食事をしたり、おしゃべりしたりすると連動して動きます。
この顎の関節やその周囲が何らかの原因で痛みや動きにくくなるのが顎関節症です。
顎が思い通りに動かず、食べ物が噛みにくい。顎を動かすと不快な音がする。痛みを感じて口が開かない。さらに症状は顎ばかりではなく、肩こりや、偏頭痛が起こることもあります。
このように、症状は広範囲にわたり、軽い症状から重い症状まで、個人差が大きいのが特長です。
顎関節症の多くは適切な対処で、日常生活に支障をきたすことのない状態に持っていけるものです。

☆顎関節症の代表的な症状☆
・顎の関節やその周囲に異常を感じる。
・食べ物を噛むときに痛みや異常を感じる。
・食事をしていると顎がだるい。
・口を開けたり閉じたりするときにカックンと音がする。
・口が開けにくくなったり開閉をスムーズに行うことができない。
・口が左右にうまく動かない、顎が外れることがある。


☆一般的な原因☆
・歯ぎしり
・急激なストレス
・何かに熱中してり緊張して強く食いしばる
・唇や頬の内側をかむ癖がある
・頬杖、うつぶせ寝、不良姿勢
・顔面打撲や事故による外傷
・入れ歯や被せ物が体に合っていない
・大口を開けたり、硬いものを噛んだ
・左右どちらか一方で噛む癖がある

☆自分でできる顎関節症の治療法☆
顎関節や筋肉に痛みがあるときはまず安静にしましょう。
そして、症状を悪化させないために大口を開けることや顎の使いすぎに注意しましょう。
症状があるときは次の点に気をつけて生活習慣の改善をはかりましょう。

・やわらかい食事をとるようにしましょう。硬いものは避けましょう。
・顔の筋肉を和らげ、軽く上下の唇を触れさせ、上下の歯を接触させないようにしましょう。
・大きなあくびや長時間の歯科治療は避けましょう。
・うつぶせ寝は止めましょう。あおむけで寝て、低い枕を使いましょう。
・同じ姿勢を長く続けることは避け、時々ストレッチをして体を休めましょう。猫背や顎を突き出すような姿勢をひかえましょう。
・頬杖をつかないようにしましょう。

担当 歯科衛生士:伊藤裕美子・千種


2017-09-02 拡大装置について [豆知識]

歯列の幅が狭く、並ぶ場所が足りないとき、広げるために使用します。
拡大装置のうち、緩徐(かんじょ)拡大装置は弱い力で歯を徐々に外側へ傾斜させて広げます。

☆しくみ☆
臼歯に固定する金属のバンドと、口蓋(こうがい)部に位置する太いワイヤーからできています。
ワイヤーを丸くコイルのように曲げた部分の弾力が歯列に弱い力を与えて押し広げる作りです。
固定式で自分では外せません。
上顎はクワドヘリックス(QH)下顎はバイヘリックス(BH)といいます。

☆装着感☆
装着期間は個人差がありますが、6ヶ月〜1年程度です。
装着して3日ほどは歯が動くことによる痛みがあります。
装着後一週間くらいは違和感があります。
口に中に太めのワイヤーが通っているため、食事がしにくかったり食べ物が挟まりやすかったり、話しにくいことがあります。

☆注意すること☆
・硬いもの(せんべいなど)や、くっつきやすいもの(キャラメル、ガムなど)を噛むとバンドが外れることがあります。
・バンドの周りに汚れがたまりやすくなるので、歯磨きがとても重要です。小さいお子様には時々仕上げ磨きをしてください。
・気にして指や舌で触らないでください。
・装着後、調整後にお痛みが強いときはご連絡ください。
・装置が壊れたり、外れたり、歯肉、舌が痛いときはご連絡ください。


担当 歯科衛生士:藤山  歯科助手:伊藤


2017-07-06 後戻り防止の為の保定 [豆知識]

マルチブラケット装置をつけて、歯を動かす治療が終わった直後は、歯を支えている骨の状態は安定していません。
少しの力が加わっただけでも歯が動いてしまい、せっかくきれいに並んだ歯が元の位置に戻ろうとしてしまいます。
そのため、保定装置を使用していただきます。
基本的に上顎は取り外しが可能な装置で、下顎は前歯の裏に細いワイヤーをつけて固定をします。
歯が安定し、動かない状態になったら矯正治療は終了です。
保定の期間はおよそ2年となります。
その間、3〜4ヶ月に1回程度通院をしていただき、歯の状態を見させていただきます。
後戻りを防ぐためにも、保定治療も頑張って受けていただきますようお願いいたします(^ ^)

担当 歯科衛生士:小川  歯科助手:伊藤


l NEXT>>


ページトップ