指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)顎変形症医療機関 l 三重県四日市市の矯正歯科専門診療所です

お知らせ

2018-09-11
フッ化物洗口Q&A [豆知識]

Q1.フッ化物にはなぜむし歯予防効果があるのですか?
@初期の虫歯を修復する(再石灰化促進)
A虫歯原因菌の産産生を抑制する
B歯を強くする(耐酸性増強)という三つの作用があります。

Q2.フッ化物洗口は何歳頃から始めて、いつまで続ければいいでしょうか?
A.上手にうがいするようになる4歳頃から開始し、第二大臼歯の萌出完了である中学三年生まで継続することが望ましいです。
特に就寝前や乳歯と永久歯の交換期となる小学生の時期は十分な予防効果が期待できます。また、高齢期にも効果があるようです。

Q3.フッ化物は健康に影響はありますか?飲み込んで大丈夫?
A.正しく量と回数が守られていれば健康に影響はありません。
フッ化物洗口液は、一回分の量を飲み込んでも大丈夫です。まれに便がゆるくなることもありますが、気分が悪い時は牛乳を飲んで様子をみてください。

Q4.フッ化物洗口でアレルギーを起こすことはありますか?
A.フッ化物洗口でアレルギーを起こしたり、悪化することはありません。

Q5.フッ素入り歯磨き粉を使っていて、歯科医院でフッ素塗布を受けて、更にフッ素洗口した場合でも、フッ素の取りすぎの心配はありませんか?
A.取りすぎの心配はありません。虫歯予防効果をより一層高めることになります。
フッ素洗口のフッ化物イオン濃度(250ppm)は、フッ素塗布(9000ppm)の約40分の1です。

担当 歯科衛生士:藤山.石田  歯科助手:伊藤



ページトップ