指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)顎変形症医療機関 l 三重県四日市市の矯正歯科専門診療所です

お知らせ

2016-08-08
8月 親知らずってなに? [豆知識]

親知らずとは、奥歯の中でも最も後ろに生えてくる歯で、第三大臼歯、または智歯と呼ばれています。
親知らずは、永久歯の中で最後に発育し、生える時期は10代後半〜20代前半と言われています。
近年は顎が小さい方が多く、生えてくる隙間が無く、顎の中に埋まったままの場合も多いです。
また、親知らずは元々ない方もいます。

◯親知らずがあるとどんな影響があるの?
@虫歯になりやすい
 親知らずは一番奥に生えているので汚れが溜まりやすく、清掃が難し
い歯になります。そのため、虫歯になりやすいのです。

A智歯周囲炎
 親知らずが生えてくる時や、生えてきて歯と歯茎の間に汚れが溜まる
 と、周りの歯茎が赤く腫れ痛くなることがあります。
 抗菌剤を服用したり、お口の中を清潔に保つことで一時的には治りま
 すが、汚れが溜まると再発することがあります。

B歯並びへの影響
 矯正治療をしてせっかく綺麗に並んだ歯並びを、親知らずが後ろから
 押して歯を動かしてしまうことがあります。

このような理由から、矯正治療をされたほとんどの方に、時期がきたら抜歯をしていただいております。

すでに親知らずが生えている場合、細菌感染を起こさないように汚れをしっかり取り、清潔に保つことが大切です。

◯親知らずはどうやって抜くの?
 親知らずの生え方も個人によってさまざまです。骨の中に埋まってい
 る場合は、口腔外科で抜いていただくことになります。
 抜いた後は痛みがあったり、お顔が少し腫れる場合があります。

親知らずを抜く時期や、抜く場所、智歯周辺のブラッシングの仕方等、わからない事がございましたらお気軽にスタッフにご相談くださいませ♪(´ε` )
 
担当 歯科衛生士 小川・新貝





ページトップ